シェアする

実際に訪れたペット同伴おすすめ宿の仙石高原大箱根一の湯さんとその周辺情報

先日、ポンと箱根でペット宿泊で有名な仙石高原大箱根一の湯に行ってきたレポートになります。

スポンサーリンク

仙石高原大箱根一の湯

箱根でペット宿泊では定番の一の湯さん、その一の湯さんは箱根界隈でいくつかある温泉宿ですが、ペットが宿泊できるところは仙石高原大箱根一の湯だけになります。

場所は仙石原のススキ草原から近いところにあり、周りには別荘やゴルフ場、保養所などが立ち並ぶひじょうに静かなところにあります。またコンビニも徒歩5分程度のところにあるのでちょっとした買い出しにも問題はないです。ただし、夜の外出時は注意が必要かもしれません。私が行った時にはイノシシの集団が近辺で目撃されているので、夜の外出は注意するよう張り紙がありました・・。イノシシ、怖いですね・・。

館内のペット同伴が可能なところですが、お風呂(露天、内風呂)以外は基本的に同伴OKです。あまり縛りがないところはいいですね。ドックランについては室外に1つあり、こちらは小型〜中型犬にはちょうどいい大きさかなと思います。7×20メートルほどの広さだったかなと思います。ポンはたくさん走るのでちょっと物足りなかった感は否めませんが。

温泉についてはちょっと残念だったかなと思いました。まず内湯ですがとにかく熱い。長くゆっくり入りたかった私にとってはちょっと残念。ただその日だけだったかもしれませんが。あと貸切露天風呂については予約制で無料なところはよかったのですが、こちらもその日だけだったかもしれませんが、シャワーのお湯がまったく熱くならなかったので体を洗うのが結構大変でした・・。

料理についてはよくある旅館の夕食朝食だったかなと思います。お食事会場もペット同伴可だったので食事の内容というよりはポンと他のわんちゃんの事ばかり気にしていたかなと(笑)。料金については一泊二食付きで1人1万2千円くらい(私が泊まった部屋での当時料金)でしたのでリーズナブルな方ではないかなと思います。

部屋については、通常より広い部屋で宿泊したので大きさなどは全く問題ないでした。むしろ広くてうれしかったなという印象。ただ建物が若干古いせいか2階の音がまる聞こえ・・。館内にも張り紙がありましたが生活音は出るものですので、次回利用させて頂く時には2階の広めのお部屋にしようかなと思います。

スタッフさんの対応はとてもよくして頂きましたので是非また利用させていただこうと思います。

富士芦ノ湖パノラマパーク

箱根ロープウェイの桃源台駅から近い場所にある、一人500円、わんちゃん300円で利用できるドックランがあるどでかい公園です。こちらから芦ノ湖の眺めは最高です。ここでポンのリードを離して思いっきり走らせたい!と思ったのですが、広大な敷地の中でドッグランは割と小さめ・・。ちょっと拍子抜けな感じがあります。こんなに敷地があればもっとドッグランを大きくしてほしいなと、勝手に思いました。

ちなみに運営が難しいのか園内の道や駐車場は凸凹です。敷地は大きいのでレンタルバーベキューとかができればもっと人がくると思うのになとこちらも飼ってに思いました。

強羅公園

強羅駅からほど近い入園料が有料の公園になります。こちらの公園はお手入れが結構しっかりされており気持ち良くペットの散歩ができます。ただし、園内ではペット同伴NGのところもありますので事前に受付の方に聞いておきましょう。

大涌谷にいけない(2016/4/10時点)のが原因なのか、さくらが見頃だったのか、私が行った時にはもう大混雑・・。近くの駐車場に止めるのも一苦労でした。あとおそらく半分以上が中国人かと思うくらいにグローバルな言語が飛び交ってもいました・・。このような綺麗な公園はゆっくりと鑑賞したいものですね。

箱根旧街道杉並木

元箱根から恩賜箱根公園まで続く杉並木です。ここはすごく癒される場所で私は箱根に行くたびにこちらに立ち寄っています。他の観光名所よりもここはわりと人が少なく感じまた杉の重なりがなんともいい雰囲気を出しています。ただこの杉並の真横に国道があり結構車通りも多いので雰囲気という意味で見るとちょっと残念なところはあります。これはしょうがないですけどね。

恩賜箱根公園には200階段なるものもあるので、ペットの運動にもいいかもしれませんね。ちなみにポンは登りませんでした。短距離向きなのですぐバテます(笑)

まとめ

箱根は関東からアクセスしやすく、ペット同伴でもいろいろ回れるところがたくさんあるので、何度でも行きたくなりますね。今回紹介したところ以外にもまだまだ箱根にはたくさん見所がありますので、また箱根に行った際にポンとレポートしたいと思います。